FC2ブログ

Cafe Kitakamome - 北海道の旅と写真 -

北海道の美しい場所、秘境、B級スポット、カフェなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ブログ村・北海道旅行ランキングへブログランキング営巣中です。
   
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

太田山神社

太田山神社は、檜山支庁せたな町大成にある神社です。
北海道本土で最も西に位置する神社であり、また道南五大霊場の一つであるとされております。
創立は1440年頃ともいわれ、北海道最古の神社でもある由緒ある神社です。
しかし、由緒或る神社というよりは、「日本一危険な神社」あるいは、「参拝したくても出来ない神社」として有名です。(参考 アンサイクロペディア:太田山神社)
太田山1

海沿いの道に、最初の鳥居が立っており、そこから神社までの修験道が始まります。
太田山2

太田山3
最初の鳥居をくぐると、目の前には壁の様な階段が立ちはだかっています。
平均斜度は、45°を超えて、高所恐怖症の人はとても上れないでしょう。先ず、たいていの人は踵が踏み場からはみ出ます。
この階段で心を折られ、引き返す方も多数います。

階段に下げてあるロープを頼りに長い道のりをなんとか登り切ると、そこから斜面を直登する参道が始まります。
私は時期が良かったので出会っていませんが、付近一帯はヒグマの生息地であり、更に夏季になるとブヨ・蚊・ハチやマムシを見ることが出来ます。
また、登山道のように軽く整備してある訳でもなく、落石は常ににパラパラと音を立てています。常に上に警戒しながら登られた方がよいです。
ロープを頼りに、腕力で斜面を上がっていく形になるのですが、所々ロープの支柱が折れています。

太田山4
途中、お地蔵様や、女人堂などを超えて、山に慣れていれば40分程度で、鳥居へと辿りつくことが出来ます。

太田山5

鳥居を抜けると次の難関です。崖にワイヤーで取り付けられたボロボロの橋が待ちかまえています。
この橋をワイヤーが切れないかとおびえながら超えると、目の前は断崖絶壁が控えています。

太田山6
最後、本殿へは、鎖を伝い7メートルの崖をよじ登る事となります。
まぁ、まず落下したらこの足場では済まずに30メートル崖下にまで落ちてしまうことになります。

太田山7


幾多の試練を乗り越えて到着です。
本殿は、崖をくり抜いた穴の中に鎮座しており、奥尻島や日本海を眺めることが出来ます。

太田山8

太田山9
景色は何より、充分すぎる程の達成感を味あえますよ。


拝殿は、山の麓に立派なものがあります。
この後ろの崖に位置するのが本殿です。よくこんな場所に先人達は建てたものです。
いや、だからこそ神に近づけるのでしょうか。
太田山10

日本ブログ村・北海道旅行ランキングへブログランキング営巣中です。
スポンサーサイト
   テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報
  1. 2010/11/28(日) 20:24:13|
  2. 渡島・檜山エリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Index

地区から探す。→ Area Index
地図より探す。→ Kamome view

Area Index (10)
Kamome view (1)
石狩エリア (14)
宗谷・留萌エリア (15)
オホーツクエリア (10)
釧路・根室エリア (9)
上川・空知エリア (12)
後志・胆振エリア (11)
渡島・檜山エリア (11)
十勝・日高エリア (7)
Cafe(札幌市) (8)
Cafe(旅カフェ) (6)
雑記 (14)
tips (1)

Category

 B級スポット 秘境  廃墟 湿原 カフェ グルメ イベント 温泉 神社・仏閣 展望台 炭鉱遺跡 夜景 水族館  湖沼 史跡  動物園  灯台 博物館 牧場 公園  

Profile

かもめ

Author:かもめ
26才の北海道3年目長崎人。
光や水や風が好き。
想いに任せて彷徨っています。
Rambling on my hokkaidoに憧れて。

New

Counter

New comment

Archive by Month

Link

このブログは、リンクフリーです。 相互リンクも募集しております。 Kamome respects for ...

→あなたのブログに連れていく。

営巣中。


日本ブログ村・北海道旅行ランキングへ
営巣中です。
人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

枝をください。

Search

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。