FC2ブログ

Cafe Kitakamome - 北海道の旅と写真 -

北海道の美しい場所、秘境、B級スポット、カフェなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ブログ村・北海道旅行ランキングへブログランキング営巣中です。
   
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トナカイ観光牧場

トナカイ観光牧場は、サロベツ原野の東側にある北緯45°の町幌別町、
その丘にある日本唯一のトナカイの牧場です。

トナカイ観光牧場1
(2010年7月撮影)

トナカイ観光牧場では、50頭以上のトナカイが飼育されています。
鹿なんかは見る機会は多数ありますが、トナカイとなると見たことも無い人がほとんどではないでしょうか。
トナカイは亜寒帯、寒帯に住む生き物なので、日本で気候が合うのは、北海道ぐらいですね。ここのトナカイは、フィンランドから連れてこられ、3代目になります。

トナカイ観光牧場3

夏場にいったので、角は角袋に包まれていました。ぞろぞろ。

トナカイ観光牧場2

私が行ったときは、ほぼ散りかけていたのですが、青いケシ、メコノプシス、ヒマラヤやチベットの標高3,000~5,000mの高地に咲く花で、「天上の妖精」と呼ばれる幻の花も栽培してあります。

トナカイ観光牧場4

ここでは、サンタの衣装を無料で貸し出ししてくれて、冬はトナカイの牽くソリに乗ることが出来ます。台湾や韓国からの観光客に大人気だそうです。(トナカイ牧場サンタ体験だったり、大沼の連結自転車だったりいったいなんの企画なんでしょうか。)


Information:
トナカイ観光牧場
  
住所:北海道天塩郡幌延町字北進
電話番号:01632-5-2050
開場時間:4月~10月 午前9:00~午後5:00
11月~ 3月 午前9:00~午後4:00
入場料:入場無料
HP:トナカイ観光牧場
日本ブログ村・北海道旅行ランキングへブログランキング営巣中です。
スポンサーサイト
   テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報
  1. 2011/12/12(月) 15:00:00|
  2. 宗谷・留萌エリア
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:7

姫沼

姫沼は、利尻富士町にある原生林に囲まれた小さな湖です。
姫沼1

利尻島の鴛泊フェリー乗り場から坂道を5km程登ると、ある原生林に囲まれた小さな湖です。

姫沼3

風の無い日には穏やかな日には、湖面に逆さ利尻富士を見ることが出来ます。緑に映えた鏡のような水面に
写る利尻山の北側の軟らかい表情が写り込みます。

姫沼5

姫沼はもともと、大正時代に付近に溢れる湧水を繋いで人工的に造られた沼です。内地の姫の着く地名だと悲しい伝説がつきものですが、ここはヒメマスを放流したためそのような名前が付いています。

姫沼3

湖を一周できる木道を整備されています。
野鳥の声や、魚の跳ねる音、そのくらいしか聞こえない静かな場所です。

姫沼4

日本ブログ村・北海道旅行ランキングへブログランキング営巣中です。
   テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報
  1. 2011/08/06(土) 15:00:00|
  2. 宗谷・留萌エリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羽幌炭鉱

羽幌炭鉱は、天売島、焼尻島を抱える羽幌町にある北海道北西部留萌炭田の中心的炭鉱でした。
羽幌本坑、上羽幌坑、築別坑の3地区から成っていた。良質炭を算出することで有名でしたが1970年に閉山しています。
かつては、鉄道も通っており、1万人近くの大きな街でしたが、現在は、農家がわずかに点在するばかりです。その中に、多数の遺構が残されています。

羽幌炭鉱2
(2011年7月3日撮影)

築別坑には、列車へと算出した石炭を積み込む巨大なホッパーが残されています。

羽幌炭鉱3

また、炭住アパート群が森の中で息を潜めています。この建物は、出来た直後に閉山されたため、殆ど使われていないそうですが。
朽ち果てた木造病院や、消防署跡、火力発電所の煙突もあり、こんな山の中で近代的な生活を送ろうとしていたことが見てとれます。

羽幌炭鉱1

付近の川には、かつて国鉄の未成線である名羽線を利用した羽幌炭鉱鉄道の橋梁の跡があります。
橋桁の形が左右で異なるのは、高度成長期の資材不足で急ごしらえしたためだそうです。

羽幌炭鉱4

つづいて羽幌本坑です。上羽幌坑の方は時間的関係で訪れませんでした。

羽幌炭鉱5

こちらにも、巨大なホッパーが残されています。
この山中に巨大な街があったことは、このような施設が残されている限り後世に残るのでしょう。
北海道の歴史は、炭鉱開発の歴史とそう遠くないので、保存して行きたいことでもあります。

羽幌炭鉱6

最後に羽幌炭鉱のシンボル、立坑です。深さは547mであり当時の最新の技術が用いられていたそうです。
巨大なビルのような廃墟が山中に立つこの光景、まるでホラー映画のようです。

ガイドマップを羽幌町でも発行しており、一応観光資源として認識されているようです。
車で手近な所は回れますのでアクセスは容易です(羽幌ですが)。よろしければ廃鉱見学でも。

日本ブログ村・北海道旅行ランキングへブログランキング営巣中です。
   
  1. 2011/07/14(木) 12:00:00|
  2. 宗谷・留萌エリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄金岬

黄金は、ニシン漁でかつては栄えた、留萌市の西端に位置するです。

黄金岬2
(2011年7月3日撮影)

その名前は、夕陽に映し出されたニシンの群がきらきらと黄金色に輝きながら岸をめがけて押し寄せたことに由来します。ここは、「日本の夕日百選」にも選ばれています。最も、北海道の西海岸は、どれも夕日は素晴らしいのですが。

黄金岬3

この、溶岩が規則正しい形で固まった柱状節理という構造だそうです。特に急峻な場所だったり、美しい地形といったものではないですが、留萌という町の歴史を彩るです。

黄金岬4

この岩礁は、磯ガニが生息しており、近場の海の家でカニ釣りの餌として、イカゲソがそばの海の家で販売しており、家族連れでかに釣りに熱中しています。私の地元にも沢山いましたけども、カニ釣りって一般的な文化なんでしょうか?売店のイカ焼き美味しかったです。

黄金岬5

黄金岬1

また港の方には、 銅像の灯台「波涛の女」もあり、留萌港を照らしています。

留萌沖の海域は、世界3大波濤海域の一つとして、世界的にも波が荒いことで知られています。ロシアからの気節風が日本海をあたり、このあたりに波として叩きつけられるそうです。夏の間の憩いの場からの様子からは想像もつきませんが。

日本ブログ村・北海道旅行ランキングへブログランキング営巣中です。
   テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報
  1. 2011/07/11(月) 12:00:00|
  2. 宗谷・留萌エリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

焼尻めん羊牧場

焼尻めん羊牧場3
(2011年7月2日撮影)

焼尻めん羊牧場は、羽幌から、高速フェリーで30分、北海道の5つある有人の離島の一つ焼尻島の西部に広がる町営の牧場です。

焼尻めん羊牧場1

島の西側は、牧場風景が広がっておりその中にはオンコ街道と呼ばれる一本道が延びています。周囲12kmの小さな島だとは思えないような光景ですね。

焼尻めん羊牧場2

焼尻島は、アップダウンも少なく潮風を受けながら自転車で一周がおすすめです。2時間程度で廻ることが出来ます。

これが、焼尻のめん羊です。頭と足が黒いチャーミングな羊たちです。

焼尻めん羊牧場5

牧場を見た後で羊を食べるのもちょっとあれなんですが…
潮風で適度な塩分を含んだ牧草で育った焼尻サフォーク羊は、「日本のプレサレ」とも呼ばれる最高級のラム肉で、生産地焼尻島でも殆ど食べることが出来ず、東京の超高級フレンチなどでしか出会えないの出来ない幻の羊です。

焼尻めん羊牧場4

毎年7月上旬に島で行われる「焼尻めん羊祭り」は、その貴重なサフォーク羊を味わうことができるお祭りです。

焼尻めん羊牧場6

偶々、タイミングが合い、口にすることができました。
その味は、ラム肉については素人ですが、道内で普段食べているジンギスカンとは別ものでした。
羊独特の獣臭さは少なく、優しい香り。油の質がとても良くくどさが無い。本当に美味しい羊肉でした。


こんにちは、かもめです。
夏は、島!!ということで、天売、焼尻島です。
天気は、今ひとつでしたがサフォークは食べましたし、ウニは食べましたし、ウトウの帰巣にも見えましたし、満足です。
島というのは、非日常の空気が流れていてとても良いですね。
日本ブログ村・北海道旅行ランキングへブログランキング営巣中です。
   テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報
  1. 2011/07/10(日) 12:00:00|
  2. 宗谷・留萌エリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

Index

地区から探す。→ Area Index
地図より探す。→ Kamome view

Area Index (10)
Kamome view (1)
石狩エリア (14)
宗谷・留萌エリア (15)
オホーツクエリア (10)
釧路・根室エリア (9)
上川・空知エリア (12)
後志・胆振エリア (11)
渡島・檜山エリア (11)
十勝・日高エリア (7)
Cafe(札幌市) (8)
Cafe(旅カフェ) (6)
雑記 (14)
tips (1)

Category

 夜景 カフェ 湿原  牧場 史跡 温泉  炭鉱遺跡 廃墟  動物園 秘境 博物館 B級スポット グルメ イベント 水族館 神社・仏閣 湖沼 灯台 公園 展望台   

Profile

かもめ

Author:かもめ
26才の北海道3年目長崎人。
光や水や風が好き。
想いに任せて彷徨っています。
Rambling on my hokkaidoに憧れて。

New

Counter

New comment

Archive by Month

Link

このブログは、リンクフリーです。 相互リンクも募集しております。 Kamome respects for ...

→あなたのブログに連れていく。

営巣中。


日本ブログ村・北海道旅行ランキングへ
営巣中です。
人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

枝をください。

Search

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。