FC2ブログ

Cafe Kitakamome - 北海道の旅と写真 -

北海道の美しい場所、秘境、B級スポット、カフェなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ブログ村・北海道旅行ランキングへブログランキング営巣中です。
   
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小樽 観光船 (祝津航路)

小樽 観光船(祝津航路)

小樽観光船は、小樽港周辺を観光船や屋形船で遊覧する観光船です。

祝津観光船2
カモメと祝津岬。(2010年7月撮影)

今回紹介する祝津航路は、小樽港から小樽水族館や鰊御殿がある祝津への交通手段として利用されている航路です。

祝津地区へお越しの場合は、普段はバスでしょうが、この観光船で移動することで旅気分を満喫できます。

祝津観光船1

船内ではエサの販売があり、カモメたちが航路いっぱいお供してくれます。

渡し船といえば、カモメ。私にとっては夏の常識ですが、以外と慣れていない人もいるのですね。

祝津観光船4
祝津観光船5

小樽港とカモメ。
風を切って、手からエサを奪いに来るかもめたちは、怖い人もいるようですが、とても可愛いと思います。

カモメの仲間は、空を飛ぶ能力を高めた事で世界中で繁栄することができた海鳥です。
鳥には鳥の。人には人のやり方があるのですね。

祝津観光船3

カモメを紹介するのか、観光遊覧船を紹介するのか曖昧になっているようです。
オタモイ航路や、屋形船も一度乗ってみたいですね。
日本ブログ村・北海道旅行ランキングへブログランキング営巣中です。
スポンサーサイト
   テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報
  1. 2011/06/30(木) 12:00:00|
  2. 後志・胆振エリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ニセコ 大湯沼

大湯沼は、スキーリゾートのメッカ、ニセコ、蘭越町にある温泉の沼です。

大湯沼1

大湯沼と呼ばれる温泉の沼は、道内にここニセコと登別、2箇所にあります。

こちらは、周辺に数軒温泉宿があり、その源泉となっています。
手で触れれる場所は、体感的に50~60℃ぐらいですが、場所によってはぐつぐつ沸いています。
ここの水面には、「黄色球状硫黄」が浮いており、学術的に貴重なものらしいです。見た目では良くわからないですが…

大湯沼2

かつては間歇泉があったそうですが、硫黄の採掘のために沼の構造が変わり、吹き出さなくなったそうです。

大湯沼3

沼の脇にも吹き出している場所がありました。
川の中にある硫黄色は、不思議な感じですね。

目的地としては、不充分かもしれませんが、立ち寄って硫黄の香りでも。



こんにちは、かもめです。
夏ですね。北海道にしては珍しくムシムシする湿度です。
さわやかにカラッと晴れてくれればいいですね。
日本ブログ村・北海道旅行ランキングへブログランキング営巣中です。
   テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報
  1. 2011/06/24(金) 12:00:00|
  2. 後志・胆振エリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

室蘭 工場夜景

室蘭の工場夜景は、室蘭港周辺に広がる製鉄所や化学コンビナート、港入り口に架かる白鳥大橋の創り出す夜景です。

室蘭工場夜景1
(2009年8月撮影)

ここは、JX日鉱日石の製油所の夜景です。

北海道で一番おすすめの夜景は何処ですかと問われれば、函館山を推しますが、道内で一番好きな夜景と聞かれたら、ここと私は答えます。

室蘭工場夜景2

工場夜景は、最近の流行になってきていますね。産業観光の流行のひとつでしょうか。
室蘭市・川崎市・四日市市・北九州市の四エリアで「日本四大工場夜景」と名乗りを上げています。

室蘭市もやっと目をつけたらしく、室蘭港ナイトクルーズを行っているそうです。
機会があれば、乗ってみたいですね。

室蘭工場夜景3

こちらは、昼間の新日鉄の写真。良くも悪くもこの街の象徴です。

室蘭工場夜景4

鉄のまちとして栄えてきたこの街は、光のまちでもあるのです。
室蘭は、測量山からの街の夜景も美しく、工場、白鳥大橋と多様な夜景はとても魅力的ですね。

室蘭工場夜景5

夜の闇を照らす、その圧倒的な光量。
人の造り出す灯り。でも、異色な灯りがあります。


こんにちは、かもめです。
室蘭が好きです。
崖、風、工場、廃墟。
道内では今のところ、礼文の次に好きな場所です。
室蘭と言えば、このブログをよく読んでいます。
muroran便り
見どころが満載です。
観光に弱いのは市の方針のせいだと、ランプ城のおばあさんがおっしゃっていました。
日本ブログ村・北海道旅行ランキングへブログランキング営巣中です。
   テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報
  1. 2011/06/23(木) 12:00:00|
  2. 後志・胆振エリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神仙沼

神仙沼は、共和町のニセコ山系にある沼です。

神仙沼2
(2011年6月12日撮影)

ニセコ山系には多数の沼が点在していますが、その中でも神仙沼は、最も美しい沼として知られています。

神仙沼1
道中には、池塘という高層湿原特有の池が点在しています。不思議な形をしています。
神仙沼レストハウスより、よく整備された木道を15分ほど歩くとこの沼に到着です。
このような湿原の類は、普通登山をしたり、努力を要するような場所に多いのですが、ここは近くて良いですね。

神仙沼5

沼周辺は湿地であり、アカエゾマツ、春になれば水芭蕉を合図に多数の花が咲き乱れ、秋になれば素晴らしい紅葉をみることができます。

神仙沼6

私が訪れた日は、このあたりの霧がとても酷く、10m先もまともに見れないほどでした。
でも、そのおかげで、神秘的な光景を目にすることができました。

神仙沼3

名前の由来は、「日本ボーイスカウト」生みの親が、別世界に来たような景観と、神秘的な雰囲気にのまれ、「皆が神、仙人の住みたまう所」と印象を受けたことから、「神仙沼」と命名したそうです。
確かに、ここは神様が造った庭のような不思議な造形に溢れています。

神仙沼4 

雪深い場所の遅い遅い春は、優しい白に彩られて。
湿原の生態系はその生成サイクルの遅さから、一度ダメージを受けると快復にはとても長い時間を要します。
やさしく、大切に扱い、美しいままでいてほしいですね。

こんにちは、かもめです。
霧が…ひどかったです。
レストハウスの周囲5kmは、視界がほぼない程度の霧でした。
対向車線からバイクのヘッドライトが一面の白から飛び出してくるのは心臓に悪かったです。
また、晴れた時にでも。
日本ブログ村・北海道旅行ランキングへブログランキング営巣中です。
   テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報
  1. 2011/06/16(木) 12:00:00|
  2. 後志・胆振エリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ふきだし公園

ふきだし公園は、羊蹄山の北のふもと京極町にある公園です。

ふきだし公園3

ここは、羊蹄山の伏流水が毎日8万トンもの量が湧き出しています。
湧水地でもかなり多い水量ですね。
その水は、とても柔らかく少し甘みのあるおいしい水です。その水を求めて日々多くの人で賑わっています。

ふきだし公園2

名水百選や、北海道遺産にも選ばれています。
清らかな湧水がつくるせせらぎは、親水公園として、穏やかな憩いの場となっています。

池の中には、幻の魚イトウも泳いでいるようです。

ふきだし公園5

気取らず美しい快適な良い公園でした。

ふきだし公園4

こんにちは、かもめです。
週末に行った倶知安方面の写真たちです。
まずは、これから暑くなる季節なので、涼しい場所の紹介です。
湧水池は7℃程度の水で大体一定の温度なので、夏は涼しく冬は暖かい場所になりますね。北海道では避暑はあまり必要ないのかもしれないですけれど…。私は、ほぼ年中長袖ですし…

過ごしやすくて良い季節ですね。



日本ブログ村・北海道旅行ランキングへブログランキング営巣中です。
   テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報
  1. 2011/06/14(火) 12:00:00|
  2. 後志・胆振エリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Index

地区から探す。→ Area Index
地図より探す。→ Kamome view

Area Index (10)
Kamome view (1)
石狩エリア (14)
宗谷・留萌エリア (15)
オホーツクエリア (10)
釧路・根室エリア (9)
上川・空知エリア (12)
後志・胆振エリア (11)
渡島・檜山エリア (11)
十勝・日高エリア (7)
Cafe(札幌市) (8)
Cafe(旅カフェ) (6)
雑記 (14)
tips (1)

Category

 夜景 カフェ 湿原  牧場 史跡 温泉  炭鉱遺跡 廃墟  動物園 秘境 博物館 B級スポット グルメ イベント 水族館 神社・仏閣 湖沼 灯台 公園 展望台   

Profile

かもめ

Author:かもめ
26才の北海道3年目長崎人。
光や水や風が好き。
想いに任せて彷徨っています。
Rambling on my hokkaidoに憧れて。

New

Counter

New comment

Archive by Month

Link

このブログは、リンクフリーです。 相互リンクも募集しております。 Kamome respects for ...

→あなたのブログに連れていく。

営巣中。


日本ブログ村・北海道旅行ランキングへ
営巣中です。
人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

枝をください。

Search

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。